(2019/07/11 更新) 動画内で紹介されているアニメーションの手順を日本語で追記。

人物紹介: Alvise Avati

現在はFramestore Londonのアニメーション スーパーバイザーであり、過去にはILM, Weta, DNEG, Cinesite, MPCに所属。

主な参加作品は King Kong, Avatar, Guardians of the Galaxy Vol. II, Thor: Ragnarok,  Transformers: Revenge of the Fallenなど。

Alvise Avati氏についてもっと知りたいという方は、最後に紹介する関連リンクからPodcastやインタビュー記事などが読める。本人によるブログではWeta DigitalでKing Kongのアニメーション・スーパーバイザーを務めた佐藤篤司氏との話も書かれている。

 

■Alvise Avati animation ShowReel 2017

 

■Alvise Avati Animation Workflow(47分)

アニメーションワークフローの解説をした動画。下記は動画内で紹介されているアニメーションの手順をまとめたもの。詳細は動画にて。

  1. 上半身だけを表示して腰だけを使ってタイミングをまず決める
  2. 終わったら全身のコントローラー選択して同じタイミングでキーを打つ
  3. 着地の衝撃を簡単につける。胸だけ
  4. 脚のアニメーション ※プッシュが重要なので脚の伸びなどは特に気をつける
  5. ジャンプする際のウェイトシフト(腰の左右の移動)と腰の回転

6. 着地の際の腰の回転。※ここがうまくできていないと重さを表現できない
※同時に足の位置や向き、膝の向きなども調整
7. 着地の際のウェイトシフトと腰の回転
8. 腕のアニメーションと着地したときの指のポーズ
9. 着地時の腰の高さ調整。同時に足の位置も調整

10. 肩。最初から通してつける。※特に着地時の肩はインパクトを表現するのに大事
11. 着地の時、腕が地面につく>肩が上がる>胸が回転する>頭にも影響する
12. 頭
13. 肘
14. Spine(背骨)のカーブ(曲がり具合)を調整。

15. カメラの調整

※ワイヤーフレーム表示やシルエットの表示でアニメーションチェックすることもある。

 

■関連リンク


Alvise Avati Blog – 本人によるブログ。Weta DigitalでKing Kongのアニメーション・スーパーバイザーを務めた佐藤篤司氏との話も書かれている。

Alvise Avati Talks Guardians of the Galaxy Vol. 2 and Essential Creature Animation Advice for Students By: Animation Mentor

Alvise Avati – Zerply Industry Magazine

EXCLUSIVE: An Interview With Alvise Avati, Creator Of The Amazing Coca Cola Vs Pepsi Spec Ad
 

 

こちらもオススメ(一部広告含む)

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here