映画『キングコング』のアニメーション・スーパーバイザーを務めた佐藤篤司氏へのインタビューまとめ

1005

現在バンクーバーのSony Pictures Imageworksに所属し、「レジェンド」とも呼ばれるアニメーターの佐藤篤司氏。映画『キングコング』と映画『I, Robot』でアニメーション・スーパーバイザーを務めた他、映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』や『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』に参加した経験もある。

過去にはWalt Disney Feature Animationにも所属していた佐藤氏がどのようなキャリアを積んできたのか、そして映画『キング・コング』の制作秘話やスーパーバイザーのオファーを断り一人のシニアアニメーターとして働くことを選ぶ理由などが分かるインタビュー記事とデモリールをまとめた。

 

https://vimeo.com/102377328

 

https://vimeo.com/102375882


■鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス 新春特別企画 映画『キングコング』アニメーション・スーパーバイザー佐藤 篤司氏 独占インタビュー全文(01/20/2010)
http://nabejun.blog.shinobi.jp/Entry/154/

・スーパーバイザーという仕事について
・コングの演技/動きのペロップメントについて
アニメーターのリクルートでどんな点に配慮したか
・CGアニメーターに求められるもの
・海外でCGアニメーションの仕事を目指す人へのアドバイス

 

■(前編)Autodesk×Digicon6 コラボ企画 Top Creator’s Eye ~CG業界のフロンティア達の視点~ 佐藤 篤司 氏 インタビュー | ユーザー事例 | Autodesk :: AREA JAPAN
https://area.autodesk.jp/case/creators_eye/sato/

・日本での仕事から渡米し、ディズニーやニュージーランドのWetaへ移籍するまでの経緯
・この先の目標
・スーパーバイザーのオファーを断り一人のシニアアニメーターとして働くことを選ぶ理由

 

■(後編)Autodesk×Digicon6 コラボ企画 Top Creator’s Eye ~CG業界のフロンティア達の視点~ 佐藤 篤司 氏 インタビュー | ユーザー事例 | Autodesk :: AREA JAPAN
https://area.autodesk.jp/case/creators_eye/sato/index-2.html

・「デベロップメンバー」として参加した映画『AMAZING SPIDERMAN』での仕事内容
・渡米して大変だったこと
・日本に帰ったらしたいこと
・日本の若手クリエイターと海外のクリエイターの違い
・ハリウッドでクリエイターであり続けるためには何が重要か


■アニメーター佐藤篤司「正直、日本のCGアニメはクオリティー面で足りないと思う」-『オズ はじまりの戦い』 | マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20130325-sa/

・監督ごとの指示の違いや制作工程の違い
・アニメーターとして仕事しているなかで楽しいと思うとき
・ハリウッド映画の制作に将来関わりたいと思っている日本人クリエイターにアドバイス

 

■鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス 新春特別企画 初公開!佐藤篤司氏 ディズニー時代の独占インタビュー全文(01/14/2009)
http://nabejun.blog.shinobi.jp/Entry/100/

・高校卒業後からの経歴
・ディズニーを選んだ理由
・コミュニケーション面で困ったこと

 

■関連記事

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here