カナダ、バンクーバーで行われたCGの祭典、SIGGRAPH2018。 ピクサーの映画『Coco(リメンバー・ミー)』でDirecting Animatorを務めたGuilherme Jacinto氏によるセッション『Bringing Coco’s Skeletons to Life』が公開されたため紹介する。

プロジェクトの初期の頃にGuilherme氏自らが作ったアニメーションなど、ウォークサイクルやランサイクルを含む20以上ものアニメーションテストを見ることができる。

内容を簡単に紹介すると・・

・Appealingなスケルトンを作る前にリアルな骨の研究をした。「骨」というクリーピーな物をどうやったらをもっとAppealingにできるか?

・ボーンのシェイプのスタイライズ

・服を使ってパーソナリティを加える

・骨のどの部分がどのようにアニメートされるか、眉の部分がどう動くか、唇は必要化どうかという”Early facial expression test”

・”Early animation test”

・筋肉無しだと骨はどう動くか。

・テストアニメーションは「どれだけスタイライズされたアニメーションにするか」、「自分たちが求めるパフォーマンスを達成するために必要なコントローラーがどこに必要か」といったことを理解するための助けになった

・口の形にはルールを作った。

・肋骨の動きのシミュレーションをアニメーターがどう制御したか

・隙間だらけの骨に着せる服のシミュレーションをどう制御したか。

Bringing Coco’s Skeletons to Life

https://www.youtube.com/watch?v=48Gxwmofaho

 

 

 

 

■関連記事

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here