ついに日本でも公開された映画『スパイダーマン: スパイダーバース』。今回は映画の制作に参加したアニメーターが秘話を語る「インタビュー動画」3本と、アニメーターの「Twitter上でのつぶやき」を20個近くまとめて紹介する。

アニメーターによるぶつやきでは、それぞれのショットがどのような考えで作られたか等を知ることができる。

当サイトには映画『スパイダーマン: スパイダーバース』関連の投稿がいくつかあるのでそちらも是非。

(03/14 更新) 制作に参加したアニメーター 池田優子氏へのインタビュー動画を追加
→動画の場所へ飛ぶ

 

インタビュー動画

■スパイダーバース 日本人アニメーター 制作秘話!!! シリーズ第2弾 #103 (約20分)

https://www.youtube.com/watch?v=_yIoxTLRXk8

映画の制作に参加した藤原淳雄氏によるインタビュー動画。同じく制作に参加した園田大也氏‬と島田竜幸氏がゲストとして登場。

 

■スパイダーバース 日本人アニメーター 制作秘話! シリーズ第3弾 #104 (約20分)

https://www.youtube.com/watch?v=KnMqk8CWdeM

制作に参加した小宮健太郎氏‬と東郷拓郎氏がゲストとして登場。

 

(03/14 更新) ↓制作に参加したアニメーター 池田優子氏へのインタビュー動画を追加↓

■スパイダーバース 日本人アニメーター 制作秘話! シリーズ第4弾 #105 (約20分) 

https://www.youtube.com/watch?v=UATHqV278rw

制作に参加した池田優子氏が登場。制作の裏話に加えてこれまでの経歴や日本と海外の違い、VFXとの違いなども語っている。

 

■Nick Kondo氏とリードアニメーターの Julie Bernier-Gosselin氏へのインタビュー(約2分)

CBCNewsによる約2分のインタビュー動画。Nick Kondo氏とリードアニメーターの Julie Bernier-Gosselin氏が登場。日本のアニメーションを参考にしたと語っている。

アニメーターによるつぶやき

アニメーターのNick Kondo氏が担当したトレーラーにも入っているショット。担当したショットの中でも特に技術的にチャレンジングだったと語っており、約2ヶ月掛かったそうだ。

 

元々このショットではキャラクターたちは散らばって壁にくっついていたが、スーパーバイザーがもっとキャラクター達を近づけて欲しいと言ったそう。そしてそれが段々とこの蜘蛛のような形になっていったそうだ。

 

 

Nick Kondo氏が画面左のジェファーソンを、別のアニメーターが画面右のマイルズを担当。作業には2ヶ月近くかかり、初めは2つのシリンダーを3D上で動かして二人のキャラとカメラ間のハーモニーを探ったそうだ。

同じエフェクトでも状況によって微妙に異なる。

次のページに続く)

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here